エンジンブローした時のお話~本庄サーキットにて~

こんにちは!ぐっさんです^^

 

今回は僕のハチロクがエンジンブローしてしまった時のことを思い出して書いてみます。

かなり前の話で4年ほど前のことです。

 

当時は毎週のようにサーキットへ走りに行っていたので、

早かれ遅かれエンジンブローは避けられなかったと思います。

 

 

エンジンブローの瞬間

最終コーナーの出口付近にカメラマンが居たので
そこまで飛んで行きたいと思い、
2速全開でレブに当たってエンジンが逝ってしまいました。

そのときの写真です。

レブに当たった瞬間に変な感覚があったので3速に入れたら
カタカタとエンジンから異音が発生^^;

すぐにパドックに戻り確認したら、
奥の方からの音だったので恐らく4番のメタルが逝ってしまったのだと思います。

調べたところ何やら4AGの16バルブはそこが逝きやすいらしい...

 

とりあえず自走ができたのでその日の走行会は見学し、
近くの車屋さんに車を置いて、
知り合いを通じて見つけたエンジンを格安で譲ってもらい、
その日のうちに2台目エンジンを引き取りに行きました。

 

 

エンジン乗せ換えついでに

どうせミッション降ろすならとクラッチとフライホイールも交換します。

エクセディの強化クラッチです。

街乗りもするので扱いやすいウルトラファイバーディスクにしました。

フライホイールは3,6キロの鍛造クロモリです。

パイロットベアリングとレリーズベアリングも交換です。

 

ドリフトで散々遊んでいましたが、

このタイミングでクラッチ交換をしたというわけです。

 

デフさえ入っていればドリフトはできるということですね笑

 

楽しいので是非皆さんもサーキットでドリフトデビューしてみませんか?

その時は僕も呼んでくださいね!笑

一緒に走りましょう♪

ハチロク、車いじりに関しての他の記事はこちらをタップ⬇︎

 

質問等は下記からお願いします!

LINEはこちら↓

ツイッターはこちら↓↓

ここからTwitterでフォロー

おすすめの記事