【自分の1時間の価値】自分の時給は自分で決める

こんにちは!ぐっさんです^^

 

時給とは一体何なのか。

あなたは考えたことがありますか?

 

労働者の1時間働いた場合の

対価として支払う金額のことさしますよね。

 

この記事では時給に対しての僕の考えを

書いてみます。

 

 

学生時代の僕の時給

僕は学生時代に

時給700円のところで

アルバイトをしていたことがあります。

 

今考えると、

自分の1時間の価値が700円だなんて

安すぎると思ってしまいます。

 

どんなにかんばって1日

8時間働いても5600円にしかなりません。

サボっても真面目に働いてもです。

 

であればサボりたくなりますし、

真面目に働くのが馬鹿らしく感じてきます。

 

時給の本質とは!?

 

ここからが僕が特に今回追求したいところです。

 

まず時給とはただ単に1時間労働した対価として

いただける金額だと一般的には思いがちですが

労働する目線からするとそう捉えてしまうと思います。

 

しかし、ここからが特にあなたにすぐにでも

気づいてもらいたい部分です。

 

雇う側目線での時給の考え方はどうでしょうか?

 

企業側が時給¥800と決めた場合それは

「あなたの1時間は¥800の価値しかありません」

といっているようなものです。

 

僕はここに疑問を感じます。

 

だいたい日本の平均的な時給は地域に

よりますが¥1,000前後だと思います。

 

貧乏な人ほどより時給が良いところに転々と

して働く傾向にあるような気がします。

 

僕は自分の1時間の価値は¥1,000と思っていません。

 

¥2,000でも少ないと思います。

 

時給¥10,000もらえたとしても少ないと思います。

 

そもそも時給が僕は嫌いです。

 

その人の1時間にお金の価値をつけること自体

間違っている気がします。

 

自分の1時間の価値は自分で決めるべき

 

先ほど貧乏な人ほどより時給が良いところに転々と

して働く傾向にあるような気がします。

 

と言いましたがそこまでしてあなたが

時給にこだわる必要がない気がします。

 

自分で稼ぐという考えを持った方が手っ取り早いです。

 

その手段の一つとして僕は

アフィリエイトを始めたわけです。

 

まとめ

 

あなたの時給は決して

¥1,000でも¥2,000でもありません。

 

値段をつけられないくらいの価値があります。

 

あなた自信今、時給で働いているので

あれば自分の時給が見合っているか

考えてみてください。

 

少しでも疑問を持つようなら自分で稼ぐという

選択肢を追加してみてください。

 

何も今すぐやめろなんて言いません。

 

副業からでも新しいことに挑戦

するのも全然良いと思います。

 

そしてまずはお金の流れにもいくつか

種類がある事を知っておくと良いでしょう。

 

 

 

相談、質問なんでも受け付けていますので

LINE@か問い合わせフォームから、

いつでもお問い合わせください^^

LINEはこちら↓

 

ツイッターはこちら↓↓

ここからTwitterでフォロー